楽天市場

Finder

Finder(ファインダー)は、ものに取り付けておくと、無くしたときに場所を教えてくれる、Swissdigital Design(スイスデジタルデザイン) から販売されている紛失防止タグです。


以前こちらの記事で書いた、Tileの仲間ですね↓

スマートタグ Tile




サイズがちょっと大きめかな?と思うのですが、音以外に光でも場所を教えてくれるのが素敵です。

電池が交換できるので、長く使えるのも良いですね(これに関しては、蓋がとれちゃったりのリスクもでてきて良し悪しだと思いますが)。

土屋鞄 ランドセル

土屋鞄のランドセルは、質感がとてもよいと思います。

写真で見るだけでも、素材のよさや仕上げの精度の高さが伝わってきます。

飾らないデザインもよいですよね。



ランドセルの販売時期は、どのメーカーも年々早くなっているとは思っていましたが、土屋鞄は3月1日に発売とのこと。


もちろん、2023年度の4月には間に合いませんから、2024年入学の子向けの製品です。


丸一年以上も前から準備するとは…
そんなに前から決められるものなのだろうかと思いますよね。


でも、ホームページを見ると、年中(年長ではない)の子向けのカタログというのがあるようで、請求すると無料で送ってもらえます。

親子でカタログを見て、1年後にどんなランドセルで学校に通うか話すのも楽しそうですね。



土屋鞄のランドセルは、

・6年間無料修理保証がついている
・リメイクのサービスで、ミニランドセルやペンケース、フォトフレームなどに生まれ変わらせることができる(有料)

というのも大きな魅力。


6年間使ったランドセルを使って作られたフォトフレームに、卒業式の記念写真を入れたりしたら、一生の記念になると思います。



長い期間使って、でも、6年後には必ず別れが来ることが分かっているのがランドセルです。

そこまで見越して、その後も大切な思い出が残せるようにサービスが用意されているのは、素晴らしい土屋鞄さんの心遣いだと思います。

EL NE RUE

ゲームでも、実写と見まがうような美しいグラフィックが当たり前の時代。

だからこそ逆に、ピクセル画に惹かれること、ありませんか?


Crownbirdさん開発の『EL NE RUE』はピクセル画の懐かしい雰囲気ただようグラフィックで楽しめるゲームで、廃墟をひたすら探索するゲームです。

Steamで1月30日に配信される予定です。



前作『TAKANARIA』は無人島を探索する内容で、こちらはSteamで無料配信されています。

ゲーム画面は、昔好きでたくさんプレイした『マザー2』をほうふつとさせるような、のどかな雰囲気です(ご存知の方、いらっしゃるかなあ…)。

着るビーズクッション

着るビーズクッションは、中に入って、手足と頭を出せるようにデザインされた、ビーズクッションです。


SNSで見て知ったのですが、着た時のシルエットのインパクトといったら!

果物の梨みたいになるんですよね。



自分が使ったとしてどうなるか。頑張ってイメージしようとしているのですが、今一つイメージしきれません。

動きにくくて邪魔にならないのか?



でも、机にもなるし、椅子にもなるし、うつ伏せになったときに下に敷くことはできるしで、すごく快適そうな気もしてきました。


中に入らずに使うこともできるわけで、実用性はかなり高いクッションなのかもしれません。

ラプソード

ラプソードは野球のトレーニングで使う機器で、投げられたり打たれたりした球を測定し、弾道や速度、回転などを分析することができます。

※目的に応じて何種類かの機器があり、ゴルフ用も別に出ています



SNSにピッチングをアップしている方が、これを使って球速を測っていました。


使い方は難しくなさそうです。



個人で購入するような価格ではないのですが、プロ野球の球団などで活用されているようです。

調べてみると、高校の野球部でも導入しているところが出てきている模様。


動画を撮影するだけでは分からない分析ができるというのは、トレーニング効率の面で、とても有利だと思います。